「薄毛にもいろりろ、治療にもいろいろ」

男性はもちろん、女性も薄毛が気になる人は世の中に少なくないと思います。
人はなぜ薄毛になるのでしょうか。
加齢でなるの?遺伝子でなるの?生活習慣が原因でなるの? たぶん人によって違うのでしょうね。
カツラで薄毛を補えるでしょうが、できれば自分の髪の毛がふさふさになった方が後ろめたい気もなく自信になりますよね。
最近はTVコマーシャルで育毛用のくすりや育毛シャンプーをよく見かける気かします。
昔は自分自身が気にならなかっただけかもしれませんが、育毛剤のコマーシャルには医療用だから効果があると説明しているものも見かけます。
とても効果がありそうなのですが、自分自身を振り返ってみて毎日きちんと使用できるか自信がなく未だにチャレンジできていません。
なら薄毛も病気として病院へ通えば良いのですが、少し恥ずかしくて家の近所の病院へは行けないなと二の足をふんでいます。
職場にも薄毛の人はいますが、センシティブな事なので病院の薄毛対策って知ってますか?とも聞いた事はありません。
最近は肥満な人を対象に運動や食生活の指導をして、スリムになった姿をみせて入会を訴求する企業のTVコマーシャルをよく見かけます。
薄毛治療のコマーシャルもあれぐらい楽しそうに頻繁にTVで放送されれば、抵抗感がなくなる人も多くなるかもしれませんね。
私はもともと髪の毛が細く、子供のころからそれほど髪の毛がフサフサだった記憶がないです。
最近は育毛シャンプーや髪の毛がふわりとボリューム感がでるトリートメントを好んで使用していますが、髪の毛が増えてきた実感は流石にないです。
きっと毎日の習慣としてお風呂で頭皮のマッサージをしたり、育毛剤を継続して使用すれば薄毛に効果があるのでしょうか。
加齢は防げないので、まずはこれ以上薄毛にならないように頭皮を清潔に保ち時々指でマッサージをして頭皮をやわらかくする事を心掛けたいと思います。
手軽な金額で薄毛治療ができる薬が開発され、通院できる病院が増えればこんな記事を書く必要なくなりますが。PR:アデランス ヘアリプロ 薬用スカルプシャンプー